卒業研究

●卒業研究の基本的な考え方

卒業研究は、開発生産工学にかかわる問題の調査・分析または方法論の開発・評価を中心に、経営システム工学科で学んできた中から、あるいは各自の経験の中から、興味の持てる新規性・有用性のあるテーマを決め取り組みます。テーマはあくまでも“自分で見つける”のが原則です。以下は最近のテーマ例です。

<人間信頼性工学>

<組織工学>

<消費者工学>

<その他>

4月〜6月においては各人が考えているテーマを1件1件発表してもらい、そのねらい、アプローチの方法について議論を行います。この結果に基づいて6月の中旬に最終的なテーマを決めます。調査、実験を必要とするものについては、一つのテーマを複数人で行うことも認めています。7月〜8月は各テーマの計画をより具体的ななものにするとともに、研究に必要な手法等の勉強を行います。9月〜12月は研究を行い(週1回、全員による進捗報告および議論のための会合を持ちます)、1月に卒業論文を作成・提出します。また、2月の初旬に卒業研究の発表会を行います。

●2017年度 卒業研究生と卒業研究テーマ名

  氏  名   学年 卒業研究テーマ名                      
池田 和征 4年 企業における、働く人の効果的なキャリア形成支援方法
内田 輝 4年 視点に着目した行動観察による潜在ニーズ発見方法
中野 倭希 4年 事業用自動車事故における調査から対策までのプロセスの簡略化
原田 翔悟 4年 企業における、働く人の効果的なキャリア形成支援方法
小峯 秀一郎 4年 企業における、働く人の効果的なキャリア形成支援方法
岡部 祐希 4年 事業用自動車事故における調査から対策までのプロセスの簡略化
鈴木 瑛子 4年 視点に着目した行動観察による潜在ニーズ発見方法
松岡 亜実 4年 視点に着目した行動観察による潜在ニーズ発見方法
三沢 雄樹 4年 事業用自動車事故における調査から対策までのプロセスの簡略化