卒業研究

●卒業研究の基本的な考え方

卒業研究は、開発生産工学にかかわる問題の調査・分析または方法論の開発・評価を中心に、経営システム工学科で学んできた中から、あるいは各自の経験の中から、興味の持てる新規性・有用性のあるテーマを決め取り組みます。テーマはあくまでも“自分で見つける”のが原則です。以下は最近のテーマ例です。

<人間信頼性工学>

<組織工学>

<消費者工学>

<その他>

4月〜6月においては各人が考えているテーマを1件1件発表してもらい、そのねらい、アプローチの方法について議論を行います。この結果に基づいて6月の中旬に最終的なテーマを決めます。調査、実験を必要とするものについては、一つのテーマを複数人で行うことも認めています。7月〜8月は各テーマの計画をより具体的ななものにするとともに、研究に必要な手法等の勉強を行います。9月〜12月は研究を行い(週1回、全員による進捗報告および議論のための会合を持ちます)、1月に卒業論文を作成・提出します。また、2月の初旬に卒業研究の発表会を行います。

●2018年度 卒業研究生と卒業研究テーマ名

  氏  名   学年 卒業研究テーマ名                      
蝦名 瞭斗 4年 漁船事故におけるヒューマンエラーの原因調査・対策立案方法に関する研究
木村 翔 4年 潜在ニーズの構造に共通性(規則性)に関する研究
笠原 誉斗 4年 漁船事故におけるヒューマンエラーの原因調査・対策立案方法に関する研究
小原 直也 4年 介護事故におけるヒューマンエラー防止対策の体系化に関する研究
田 理奈 4年 介護事故におけるヒューマンエラー防止対策の体系化に関する研究
谷中田 結 4年 サービスにおける潜在ニーズ把握のための行動観察法に関する研究
堀 静香 4年 サービスにおける潜在ニーズ把握のための行動観察法に関する研究
真中 理沙 4年 サービスにおける潜在ニーズ把握のための行動観察法に関する研究
萩原 貴人 4年 SNSの広告・宣伝・評判によるイメージと実際の製品・サービスとのギャップを選らす方法
築野 吉正 4年 潜在ニーズの構造に共通性(規則性)に関する研究
竹内 脩 4年 SNSの広告・宣伝・評判によるイメージと実際の製品・サービスとのギャップを選らす方法
根本 航大 4年 潜在ニーズの構造に共通性(規則性)に関する研究