Research Activities

  1. Ph. D. Thesis
  2. Publications and Patents
    1. Journal papers (refereed) / Conference papers (refereed) / Review papers, books / Patents
  3. Oral Presentations
    1. Invited talks at conferences and seminars / Presentations at academic conferences / Competitions / Others
  4. Meeting

Ph. D. Thesis

  1. ユーザー・アイテムの応答から構成された確率構造を持つ不完全マトリクスからのユーザーとアイテムの評価法, (Kyshu Institute of Technology, 2014) [in Japanese]

back to top

Publications and Patents

List of journals on which my paper was published >>>

Journal papers (refereed)

  1. Yoshida, A., Sakumura, T. and Kamakura, T. (2017) "Indoor Location Estimation Based on TOA Data and Bias Estimation Using Gamma Regression," Journal of the Japanese Society of Computational Statistics (JJSCS), Volume 30, Issue 1, Peer-Reviewed / In Print / Link / Abstract
  2. Abe, K., Sakumura, T. and Kamakura, T. (2017) "Ability Measurement of Baseball Players using Item Response Theory," Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics, Volume 65, Issue 2, Peer-Reviewed / In Print / Link / Abstract
  3. Sakumura, T. and Hirose, H. (2017) "A Bias Reduction Method for Ability Estimates in Adaptive Online IRT Testing Systems," International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence, International Institute of Applied Informatics, Volume 1, Issue 1, Pages 59-72, Mar. 2017. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  4. Sakumura, T. and Kamakura, T. (2017) "Proposal of a Modulated Extended Cumulative Exposure Model for the Step-Up Voltage Test," In: Ao SI., Kim H., Amouzegar M. (eds) Transactions on Engineering Technologies: World Congress on Engineering and Computer Science 2015, Springer, Singapore, Chapter 25, Pages 349-363, Feb. 2017. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  5. Akimoto, Y., Sakumura, T., and Kamakura, T. (2016) "Testing for Uniformity of Line Segments," IAENG International Journal of Computer Science (IJCS), Volume 43, Number 2, Pages 192-197, May 2016. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  6. Hirose, H., Tokunaga, M., Sakumura, T., Sulaiman, J., and Darwis, H. (2015) “Matrix Approach for the Seasonal Infectious Disease Spread Prediction,” IEICE Transactions on Fundamentals, Volume E98-A, Number 10, Pages 2010-2017, October 2015. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  7. Hirose, H., Sakumura, T., and Tabuchi, N. (2015) “Optimum and Semi-optimum Life Test Plans of Electrical Insulation for Thermal Stress,” IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Volume 22, Number 1, Pages 488–494, February 2015. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  8. Hirose, H. and Sakumura, T. (2015) “Foundation of Mathematical Deterioration Models for the Thermal Stress,” IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Volume 22, Number 1, Pages 482–487, February 2015. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  9. Sakumura, T., Tokunaga, M., and Hirose, H. (2014) “Making up the Complete Matrix from the Incomplete Matrix Using the EM-type IRT and Its Application,” The Information Processing Society of Japan: Transactions on Mathematical Modeling and its Applications (TOM), Volume 7, Number 2, Pages 17–26, November 2014. Peer-Reviewed / Print /in Japanese Link / Abstract
  10. Hirose, H., Sakumura, T., and Kuwahata, T. (2014) “Score allotment optimization method with application to comparison of ability evaluation in testing between classical test theory and item response theory,” Information, Volume 17, Issue 2, Pages 391–410, February 2014. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  11. Hirose, H. and Sakumura, T. (2012) “The Extended Cumulative Exposure Model (ECEM) and Its Application to Oil Insulation Test,” IEEE Transactions on Reliability, Volume 61, Pages 625–633, June 2012. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract 2012 IEEE Reliability Society Japan Chapter Award (Best Paper), 2013 Excellent Student Award of the IEEE Fukuoka Section Award
  12. Hirose, H., Matsuguma, K., and Sakumura, T. (2011) “Infectious Disease Spread Prediction Models and Consideration,” The Information Processing Society of Japan, Transactions on Mathematical Modeling and its Applications (TOM), Volume 4, Number 3, Pages 102–109, July 2011. Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract
  13. Sakumura, T. and Hirose, H. (2010) “Test evaluation system via the Web using the item response theory,” Information, Volume 13, Issue 3, Pages 647–656, May 2010, Peer-Reviewed / Print / Link / Abstract

back to top

Conference papers (refereed)

  1. *T. Sakumura, H. Hirose, “Bias Reduction of Abilities for Adaptive Online IRT Testing Systems,” 2016 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI 2016), Pages 450-455, 5th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments (LTLE2016), Kumamoto, Japan, 10-14 July, 2016 Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  2. *A. Yoshida, T. Sakumura, T. Kamakura, “Indoor Location Estimation Based on ToA Data and Bias Estimation Using Gamma Regression,” Proceedings of the 2015 International Workshop for JSCS 30th Anniversary in Okinawa, Pages 17-18, Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST), Japan, 30-31 October, 2015 Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  3. *T. Sakumura, T. Kamakura, “Modulated Extended Cumulative Exposure Model with Application to the Step-Up Voltage Test,” Proceedings of World Congress on Engineering and Computer Science 2015 (WCECS 2015), International Association of Engineers (IAENG), Volume 1, Pages 255-260, International Conference on Electrical Engineering and Applications 2015 (ICEEA 2015), San Francisco, USA, 21-23 October, 2015 Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  4. *Y. Akimoto, T. Sakumura, T. Kamakura, “Directional Data Analysis for Line Segments,” Proceedings of World Congress on Engineering and Computer Science 2015 (WCECS 2015), International Association of Engineers (IAENG), Volume 2, Pages 770-775, International Conference on Machine Learning and Data Analysis 2015 (ICMLDA 2015), San Francisco, USA, 21-23 October, 2015, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  5. *T. Kamakura, T. Sakumura, “Property of LM Tests for reliability distributions in case of small samples,” Proceedings of the International Workshop on Applied Methods of Statistical Analysis. Nonparametric Approach (AMSA 2015), Pages 200-207, Novosibirsk, Russia, 14-19 September 2015, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  6. *T. Kamakura, T. Sakumura, “Likelihood-based Inference for Weibull Distribution,” Proceedings of the 9th International Conference on Mathematical Methods in Reliability (MMR 2015), Pages 855-862, Bunkyo School Building in Tokyo Campus of University of Tsukuba, Japan, 1-4 June 2015, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  7. H. Hirose, M. Tokunaga, T. Sakumura, J. Sulaiman, *H. Darwis, “Matrix Approach For The Seasonal Infectious Disease Spread Prediction,” 6th Asia-Pacific International Symposium on Advanced Reliability and Maintenance Modeling (APARM 2014), Pages 145-151, Hokkai Gakuen University in Sapporo, Hokkaido, Japan, 21-23 August 2014, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  8. H. Hirose, T. Sakumura, *N. Tabuchi, T. Kiyosue, “Optimum Life Test Plans of Electrical Insulation for Thermal Stress,” The 2014 IAENG International Conference on Electrical Engineering (ICEE'14), Pages 668-672, The Royal Garden Hotel, Kowloon, Hong Kong, 12-14 March 2014, Abstract Peer-Reviewed / Oral, Best Paper Award of The 2014 IAENG International Conference on Electrical Engineering (ICEE’14).
  9. H. Hirose, T. Nakazono, *M. Tokunaga, T. Sakumura, S.M. Sumi, J. Sulaiman, “Seasonal Infectious Disease Spread Prediction Using Matrix Decomposition Method,” ISMS ’13 Proceedings of the 2013 4th International Conference on Intelligent Systems, Modelling and Simulation, Pages 121-126, Bangkok, Thailand, 29-31 Jan. 2013, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  10. H. Hirose, *T. Sakumura, “Item Response Prediction for Incomplete Response Matrix Using the EM-type Item Response Theory with Application to Adaptive Online Ability Evaluation System,” Proceeding of IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering 2012 (TALE 2012), Pages 8-12, The Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong, August 20-23, 2012, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  11. *T. Sakumura, T. Kuwahata, H. Hirose, “An Adaptive Online Ability Evaluation System Using the Item Response Theory,” Education & e-Learning (EeL 2011), Pages 51-54, Singapore, 7-8 November 2011, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  12. *T. Sakumura, H. Hirose, “Student Ability Evaluation using the Stress-Strength Model When Ability is the Random Variable,” Proceedings of the 2010 International Congress on Computer Applications and Computational Science (CACS 2010), Pages 865-868, Singapore, December 2010, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  13. *H. Hirose, T. Sakumura, “An Accurate Ability Evaluation Method for Every Student with Small Problem Items Using The Item Response Theory,” Proceedings of the International Conference on Computer and Advanced TEchnology in Education (CATE 2010), Pages 152-158, Maui, Hawaii, USA, August 23-25, 2010, Abstract Peer-Reviewed / Oral, CATE2010 Awarded the Best Paper.
  14. *T. Sakumura, H. Hirose, “Test Evaluation System via Web using the Item Response Theory,” The Fifth International Conference on Information (INFO 2009), Pages 112-115, Kyoto University, Kyoto, Japan, November 6-9, 2009, Abstract Peer-Reviewed / Oral.

back to top

Books

none.

back to top

Patents

none.

back to top

Oral Presentations

Invited talks at conferences and seminars

  1. *T. Sakumura, T. Kamakura, “Statistical ellipse fitting for selecting characteristics of disaster areas,” Invited talk at School of Mathematical Sciences, Faculaty of Science & Technology, Universiti Kebangassan Malaysia (UKM), Malaysia, March 27, 2015
  2. *作村 建紀, “項目反応理論最新事情,” 九州工業大学情報工学部 特別講演, 九州工業大学飯塚キャンパス (福岡), 2015年1月14日

back to top

Presentations at academic conferences

  1. *Y. Kodaira, K. Abe, T. Sakumura, T. Kamakura, “Bias Reduction of ML Estimators of Gamma Distribution Parameters and Comparison with Other Methods,” 2017 Hangzhou International Statistical Symposium, Session III, No. 5, Hangzhou Huagang HNA Resort, Hangzhou city, Zhejiang province, China, 2017.11.1-3, (口頭発表・査読なし)
  2. *作村建紀, 鎌倉稔成, 柳本武美 “指数拡散分布族における母数推定の改良,” 2017年度統計関連学会連合大会講演報告集, Page 372, 南山大学, 愛知, 2017年9月, (口頭発表・査読なし)
  3. *T. Sakumura, “Optimum life test plan for accelerated deterioration test of three factor stress level,” Section on International Statistical Institute, 2017 Joint Statistical Meetings (JSM2017), Baltimore, America, 29 July-3 August, 2017 Abstract / Poster.
  4. *Takenori SAKUMURA, “Compromised life test plan for accelerated degradation test of three stress levels,” 日本信頼性学会第25回春季信頼性シンポジウム発表報文集, Pages 59-60, 日本科学技術連盟本部, 東京, 2017年5月31日(水), (口頭発表・査読なし)
  5. *作村 建紀, 鎌倉 稔成, 柳本 武美, “逆ガウス分布における自然母数の事後平均,” 日本計算機統計学会第31回大会講演論文集, Pages 59-62, 東京理科大学, 東京, 2017年5月11日(木)-12日(金), (口頭発表・査読なし)
  6. *作村 建紀, 鎌倉 稔成, “土砂災害領域の楕円推定とその面積分布としてのべき乗則モデルの適用,” 科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」, 同志社大学今出川キャンパス・寧静館5階会議室, 京都, 2017年1月28日-29日, (口頭発表・査読なし), 科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」, 研究代表者:鎌倉 稔成(中央大学), 課題番号(26240003)
  7. *Takenori SAKUMURA, Toshinari KAMAKURA, “Applicability of the power-law model to the fitted ellipse disaster area,” Australian Statistical Conference 2016 (ASC 2016), Hotel Realm, Canberra, Australia, 2016.12.5-9, (口頭発表・査読なし),
  8. *Yoshitomo AKIMOTO, Takenori SAKUMURA, Toshinari KAMAKURA, “Clustering angular data for line segments,” Australian Statistical Conference 2016 (ASC 2016), Hotel Realm, Canberra, Australia, 2016.12.5-9, (口頭発表・査読なし),
  9. *作村 建紀, 鎌倉 稔成, “楕円推定と土砂災害へのべき乗則モデルの適用に関する研究,” 日本計算機統計学会第30回シンポジウム講演論文集, Page 207-210, プラサ ヴェルデ, 静岡, 2016年11月24日-25日, (口頭発表・査読なし),
  10. *Atsushi YOSHIDA, Takenori SAKUMURA, Toshinari KAMAKURA, “Indoor Location Estimation in NLoS Environment Based on ToA Method with Particle Filter” 2016 International Conference for JSCS 30th Anniversary in Seattle, Seattle Central Library, WA, America, 2016.10.16-17, (口頭発表・査読なし),
  11. *秋元 良友, 神谷 勇太, 作村 建紀, 鎌倉 稔成, “線分の角度データの検定と分類,” 2016年度統計関連学会連合大会講演報告集, Page 134, 金沢大学 角間キャンパス, 石川, 2016年9月4日-7日, (口頭発表・査読なし),
  12. *作村 建紀, 秋元 良友, 鎌倉 稔成, “災害領域の特徴量抽出のための統計解析,” 2016年度統計関連学会連合大会講演報告集, Page 133, 金沢大学 角間キャンパス, 石川, 2016年9月4日-7日, (口頭発表・査読なし),
  13. *T. Sakumura, T. Kamakura, “Parameter Estimation for the Modulated Extended Cumulative Exposure Model,” Section on Statistical Computing, 2016 Joint Statistical Meetings (JSM2016), Chicago, America, 30 July-6 August, 2016 Abstract / Poster.
  14. *鎌倉 稔成, 作村 建紀, “災害予測精度の統計的評価法,” 科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」, 同志社大学今出川キャンパス・寧静館5階会議室, 京都, 2015年12月24日-25日, (口頭発表・査読なし), 科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」, 研究代表者:鎌倉 稔成(中央大学), 課題番号(26240003)
  15. *作村 建紀, 鎌倉 稔成, “楕円形状を考慮した災害被害領域の抽出について,” 科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」, 同志社大学今出川キャンパス・寧静館5階会議室, 京都, 2015年12月24日-25日, (口頭発表・査読なし), 科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」, 研究代表者:鎌倉 稔成(中央大学), 課題番号(26240003)
  16. *作村 建紀, 徳貞 美子, 田淵 直樹, 廣瀬 英雄, “応答アイテム数が少数のときに発生する能力推定値のバイアスについて,” 日本計算機統計学会 第29回シンポジウム 講演論文集, Page 117-120, まなぼっと幣舞(釧路市生涯学習センター), 北海道, 2015年11月27日-28日, (口頭発表・査読なし)
  17. *徳貞 美子, 作村 建紀, 田淵 直樹, 廣瀬 英雄, “アダプティブ IRT テストにおける最適問題数に関する考察,” 日本計算機統計学会 第29回シンポジウム 講演論文集, Page 21-24, まなぼっと幣舞(釧路市生涯学習センター), 北海道, 2015年11月27日-28日, (口頭発表・査読なし)
  18. *秋元 良友, 作村 建紀, 鎌倉 稔成, “線分の方向データのクラスタリング,” 日本計算機統計学会 第29回シンポジウム 講演論文集, Page 49-52, まなぼっと幣舞(釧路市生涯学習センター), 北海道, 2015年11月27日-28日, (口頭発表・査読なし)
  19. *泉谷 聡史, 作村 建紀, 鎌倉 稔成, “マイクロ波ドップラーセンサを用いた歩行の識別,” 日本計算機統計学会 第29回シンポジウム 講演論文集, Page 35-38, まなぼっと幣舞(釧路市生涯学習センター), 北海道, 2015年11月27日-28日, (口頭発表・査読なし)
  20. *作村 建紀, 秋元 良友, 鎌倉 稔成, “方向統計学を用いた活断層の解析,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2015年秋季研究発表会, Page 2-G-5, 九州工業大学 戸畑キャンパス, 福岡, 2015年9月9日-11日, (口頭発表・査読なし)
  21. *作村 建紀, 鎌倉 稔成, “感染症拡大の早期予測モデルについて,” 2015年度統計関連学会連合大会, Page 335, 岡山大学 津島キャンパス, 岡山, 2015年9月6日-9日, (口頭発表・査読なし)
  22. *秋元 良友, 作村 建紀, 鎌倉 稔成, “位置情報を考慮した方向データの解析,” 2015年度統計関連学会連合大会, Page 18, 岡山大学 津島キャンパス, 岡山, 2015年9月6日-9日, (口頭発表・査読なし)
  23. *Y. Akimoto, T. Sakumura, T. Kamakura “Non-uniformity test for directional data of Japanese active faults,” bulletin of the 60th ISI World Statistics Congress (WSC), Riocentro, Rio de Janeiro, Brazil, 26-31 July 2015, Abstract Peer-Reviewed / Oral.
  24. *作村 建紀, 秋元 良友, 鎌倉 稔成, “楕円を用いた領域データからの特徴量抽出,” 日本計算機統計学会第29回大会, Pages 107-110, 山梨県立図書館, 山梨, 2015年5月14日-15日, (口頭発表・査読なし)
  25. *秋元 良友, 作村 建紀, 鎌倉 稔成, “制限のある方向データの解析,” 日本計算機統計学会第29回大会, Pages 5-8, 山梨県立図書館, 山梨, 2015年5月14日-15日, (口頭発表・査読なし)
  26. *中津 貴文, 成澤 宙希, 作村 建紀, 鎌倉 稔成, “空間データ分析および生存時間分析を用いたJリーグチームの守備の分析,” 応用統計学会2015年度年会講演予稿集, Pages 70-71, 京都大学医学部・芝蘭会館 稲盛ホール, 京都, 2015年3月14日, (ポスター発表・査読なし)
  27. *成澤 宙希, 中津 貴文, 作村 建紀, 鎌倉 稔成, “時間と空間を考慮したサッカーにおける守備の分析,” 第9回日本統計学会春季集会, 明治大学中野キャンパス, 東京, 2015年3月8日, (ポスター発表・査読なし)
  28. *宮崎 誠也, 中津 貴文, 作村 建紀, 小椋 透, 鎌倉 稔成, “外野手の捕球位置を考慮した犠牲フライの戦略分析,” 第9回日本統計学会春季集会, 明治大学中野キャンパス, 東京, 2015年3月8日, (ポスター発表・査読なし)
  29. *作村 建紀, 吉田 敦, 鎌倉 稔成, “楕円による災害被害規模の推定,” 科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」, アクロス福岡・会議室607, 福岡, 2014年12月21日-22日, (口頭発表・査読なし), 科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」, 研究代表者:鎌倉 稔成(中央大学), 課題番号(26240003)
  30. *T. Sakumura, Y. Akimoto, K. Okusa, T. Kamakura, “Functional data analysis of running data by 3D-motion capture,” Book of Abstracts CFE-ERCIM 2014, The 7th International Conference of the ERCIM WG on Computational and Methodological Statistics (ERCIM 2014), The University of Pisa, Italy, 6-8 December 2014, Abstract Peer-Reviewed / Poster.
  31. *作村 建紀, 鎌倉 稔成, “温度劣化モデルにおける試料の最適配分数,” 日本計算機統計学会第28回シンポジウム論文集, Pages 213–216, 沖縄科学技術大学院大学 (OIST), 沖縄, 2014年11月14日-15日, (口頭発表・査読なし)
  32. *徳貞 美子, 愛澤 優, 野口 和久, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “アダプティブオンラインIRTテストシステムにおける問題難易度の自動キャリブレーション,” 2014年度統計関連学会連合大会論文集, Page 62, 東京大学本郷キャンパス, 東京, 2014年9月13日-16日, (口頭発表・査読なし)
  33. *徳貞 美子, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “アダプティブテスト結果から得られる不完全マトリクスの欠測値推定,” 日本計算機統計学会第28回大会論文集, Pages 49-52, 中央大学 後楽園キャンパス, 東京, 2014年5月17日-18日, (口頭発表・査読なし)
  34. *野口 和久, 大山 修平, 桑幡 隆行, 作村 建紀, 田上 真, 廣瀬 英雄, “アダプティブオンラインIRTによる大学数学教育への準備,” 電気学会 教育フロンティア研究会, FIE-14-009, ソフトプラザかごしま, 鹿児島, 2014年3月7日-8日, (口頭発表・査読なし)
  35. *桑幡 隆行, 作村 建紀, 大山 修平, 野口 和久, 田上 真, 廣瀬 英雄, “アダプティブオンラインIRTによる数学教育システム,” 情報処理学会 火の国情報シンポジウム2014, 3C-4, 大分大学旦野原キャンパス, 大分, 2014年3月5日, (口頭発表・査読なし)
  36. *作村 建紀, 徳貞 美子, 廣瀬 英雄, “アダプティブ試験における項目選択についての一考察,” 情報処理学会 火の国情報シンポジウム2014, 4C-3, 大分大学旦野原キャンパス, 大分, 2014年3月5日, (口頭発表・査読なし)
  37. *作村 建紀, 徳永 正和, 廣瀬 英雄, “EMタイプIRTによる不完全マトリクスの完全化とその応用,” 情報処理学会 研究報告, Volume 2013-MPS-96, Issue 24, Pages 1-6, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京, 2013年12月, (口頭発表・査読あり)
  38. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “IRT を用いた adaptive online system の実装と評価,” 日本計算機統計学会第27回シンポジウム,Pages 27-30, 市民会館崇城大学ホール, 熊本, 2013年11月, (口頭発表・査読なし)
  39. *清末 尊, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “寿命分布に一般化パレート分布を仮定したときの温度劣化最適試験法,” 日本計算機統計学会第27回シンポジウム,Pages 139-142, 市民会館崇城大学ホール, 熊本, 2013年11月, (口頭発表・査読なし)
  40. *田淵 直樹, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “温度劣化試験に関する最適試験法,” 日本信頼性学会第26回秋季信頼性シンポジウム,Pages 29-32, 日本科学技術連盟千駄ヶ谷本部ビル, 東京, 2013年11月, (口頭発表・査読なし)
  41. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “温度ストレスによる劣化モデル構築と寿命予測,” 九州・中国・四国地区における若手OR研究交流会, ロングトーク部門, きらら交流館, 山口, 2013年10月, (口頭発表・査読なし)
  42. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “EMタイプIRTを用いて不完全マトリクスから完全マトリクスを推定する方法について,” IEICE Technical Report,Volume 113, Issue 249, R2013-73, Pages 53-58, 九工大サテライトキャンパス天神, 福岡, 2013年10月, (口頭発表・査読なし)
  43. 廣瀬 英雄, 作村 建紀, *小柳 祐貴, “PoP: Prediction on Prediction,” IEICE Technical Report, Volume 113, Issue 249, R2013-64, Pages 1-6, 九工大サテライトキャンパス天神, 福岡, 2013年10月, (口頭発表・査読なし)
  44. *徳貞 美子, 徳永 正和, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “Prediction for the Spread of MERS Infection after Mecca Hajj Pilgrimage,” IEICE Technical Report, Volume 113, Issue 249, R2013-71, Pages 41-46, 九工大サテライトキャンパス天神, 福岡, 2013年10月, (口頭発表・査読なし)
  45. *H. Hirose, T. Sakumura, “A Mathematical Deterioration Model for the Thermal Stress,” IEICE Technical Report, Volume 113, Issue 249, R2013-66, Pages 13-18, 九工大サテライトキャンパス天神, 福岡, 2013年10月, (口頭発表・査読なし)
  46. *T. Sakumura, H. Hirose, “Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus Spread Prediction using Differential Equation Methods and Statistical Method,” 日本応用数理学会 2013年度年会, 9158, Pages 303-304, アクロス福岡, 福岡, 2013年9月, (口頭発表・査読なし)
  47. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “温度劣化による寿命の考え方とその推定法,” 2013年度統計関連学会 連合大会, Page 16, 大阪大学豊中キャンパス, 大阪, 2013年9月, (口頭発表・査読なし)
  48. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “アレニウス則に従う温度劣化最適試験法,” 第43回信頼性・保全性シンポジウム, Pages 366-371, 日本教育会館, 東京, 2013年7月, (口頭発表・査読あり)
  49. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “EMタイプ項目反応理論を用いた季節性感染拡大予測,” 情報処理学会 九州支部 火の国情報シンポジウム2013論文集, A-6-3, 熊本大学, 熊本, 2013年3月, (口頭発表・査読なし)
  50. *押谷 優志, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “対数正規アレニウス則を持つ拡張累積疲労モデル,” 情報処理学会 九州支部 火の国情報シンポジウム2013論文集, A-5-4, 熊本大学, 熊本, 2013年3月, (口頭発表・査読なし)
  51. *桑幡 隆行, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “IRTにおける能力評価について,” 日本計算機統計学会 第26回シンポジウム論文集,Pages 67-70, 東京大学, 東京, 2012年11月, (口頭発表・査読なし)
  52. *橋本 綺華, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, 岡本 達希, “アレニウス則における最適寿命試験法について,” 日本信頼性学会 第25回秋季信頼性シンポジウム報文集,Pages 83-86, 日本科学技術連盟千駄ヶ谷本部ビル, 東京, 2012年11月, (口頭発表・査読なし)
  53. 廣瀬 英雄, 橋本 綺華, *作村 建紀, “寿命推定に関する最適試験法,” 日本OR学会 九州支部 第3回九州地区における若手OR研究交流会, ロングトーク部門, 北九州市立大学後援会館, 福岡, 2012年10月, (口頭発表・査読なし), 九州地区における若手OR研究交流会 2012 “ロングトーク部門発表賞
  54. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “拡張蓄積疲労モデルにおけるシミュレーション,” IEICE Technical Report, Volume 112, Issue 252, R2012-57, Pages 23-28, 九工大キューテックプラザ, 福岡, 2012年10月, (口頭発表・査読なし)
  55. *作村 建紀, 桑幡 隆行, 廣瀬 英雄, “IRT結果を基準とした事前配点最適決定法とその結果,” 日本行動計量学会 第40回大会, Pages 1-2, 新潟県立大学, 新潟, 2012年9月, (口頭発表・査読なし)
  56. * W.C. Tseng, T.M.Y. Lin, J.J. Ni, T. Nakazono, T. Sakumura, H. Hirose, “Rank Estimation by Making up Incomplete Questionnaire Matrix: A Case of Online Word of Mouth of Service Quality in Airlines,” 日本OR学会 2012年秋期研究発表会, Pages 72-73, Winc Aichi, 愛知, 2012年9月, (口頭発表・査読なし)
  57. *桑幡 隆行, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “IRT 結果を基準とした事前配点最適決定法,” 2012年度統計関連学会連合大会, Page 217, 北海道大学, 北海道, 2012年9月, (口頭発表・査読なし)
  58. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “拡張蓄積疲労モデルにおけるパラメータ推定値の性質,” 情報処理学会 九州支部 火の国情報シンポジウム2012論文集, B-6-1, 九州工業大学, 福岡, 2012年3月, (口頭発表・査読なし)
  59. *桑幡 隆行, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “adaptive online IRT systemについて,” 情報処理学会 九州支部 火の国情報シンポジウム2012論文集, A-1-4, 九州工業大学, 福岡, 2012年3月, (口頭発表・査読なし)
  60. *廣瀬 英雄, 作村 建紀, “実用的な最適加速寿命試験法:温度劣化の場合,” 日本信頼性学会 第24回秋季信頼性シンポジウム報文集, Pages 61-64, 日本科学技術連盟千駄ヶ谷本部ビル, 東京, 2011年11月, (口頭発表・査読なし)
  61. *廣瀬 英雄, 作村 建紀, “拡張蓄積疲労モデルについて,” IEICE Technical Report, Volume 111, Issue 253, R2011-27, Pages 29-34, 九州大学, 福岡, 2011年10月, (口頭発表・査読なし)
  62. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “An Adaptive Online Ability Evaluation System Using the Item Response Theory,” 日本OR学会 九州支部 九州地区における若手OR研究交流会2011, ロングトーク部門, 島原共同研修所, 長崎, 2011年10月, (口頭発表・査読なし)
  63. *廣瀬 英雄, 作村 建紀, 河郷 久史, “打ち切りデータのある場合の微分方程式を用いたワイブルパラメータの推定,” 2011年度統計関連学会連合大会, Page 280, 九州大学, 福岡, 2011年9月, (口頭発表・査読なし)
  64. *作村 建紀, 一井 秀三, 廣瀬 英雄, “背後確率分布を仮定した推薦システム,” 2011年度統計関連学会連合大会, Page 289, 九州大学, 福岡, 2011年9月, (口頭発表・査読なし)
  65. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “power lawに従う材料の最適寿命予測法,” 平成23年度電気関係学会九州支部連合大会, 05-1P-07, Pages 178-179, 佐賀大学, 佐賀, 2011年9月, (口頭発表・査読なし)
  66. *桑幡 隆行, 河郷 久史, 栗野 達亮, 三浦 慶之, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “項目反応理論を使ったアダプティブオンラインテスト,” 平成23年度電気関係学会九州支部連合大会, 03-2A-12, Pages 295-296, 佐賀大学, 佐賀, 2011年9月, (口頭発表・査読なし)
  67. 廣瀬 英雄, *河郷 久史, 作村 建紀, “微分方程式を用いた信頼性分布のパラメータ推定法,” 平成23年度電気関係学会九州支部連合大会, 05-1P-08, 佐賀大学, 佐賀, 2011年9月, (口頭発表・査読なし)
  68. *作村 建紀, 桑幡 隆行, 廣瀬 英雄, “ストレス・ストレングスモデルを用いた e-Education による学生の能力評価,” 2011PCカンファレンス, Pages 1-4, 熊本大学, 熊本, 2011年8月, (口頭発表・査読なし)
  69. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “拡張蓄積疲労モデル,” 日本信頼性学会 第19回春季信頼性シンポジウム報文集, Pages 65-68, 日本科学技術連盟千駄ヶ谷本部ビル, 東京, 2011年6月, (口頭発表・査読なし), 日本信頼性学会2011年度”若手奨励賞, 2011年度 IEEE Reliability Society Japan Chapter “学術奨励賞
  70. 廣瀬 英雄, *作村 建紀, 一井 秀三, “確率構造を仮定したときの推薦システムとそのアンケート評価への適用,” 情報処理学会 九州支部 火の国情報シンポジウム2011論文集, B-5-1, 福岡大学, 福岡, 2011年3月, (口頭発表・査読なし), 2010年度 情報処理学会九州支部”奨励賞
  71. *廣瀬 英雄, 松隈 和広, 作村 建紀, “感染病拡大予測モデルとその考察,” 第81回数理モデル化と問題解決 (MPS) 研究会 研究報告, BIO23-MPS81, 15, Pages 1-6, 九州大学伊都キャンパス, 福岡, 2010年12月, (口頭発表・査読あり)
  72. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “能力を確率変数としたときの SS モデルよる能力判定,” 日本計算機統計学会 第24回シンポジウム論文集, Pages 143-146, 蓑面メイプルホール, 大阪, 2010年11月, (口頭発表・査読なし) 2010年度日本計算機統計学会シンポジウム 学生研究発表賞
  73. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “項目反応理論を使った最適能力判定システムについて,” 日本OR学会 九州支部 九州地区における若手OR研究交流会2010, ロングトーク部門, 九重共同研修所, 大分, 2010年10月, (口頭発表・査読なし) 九州地区における若手OR研究交流会 ロングトーク部門発表賞
  74. *廣瀬 英雄, 松隈 和広, 河野 翼, 作村 建紀, “感染病拡大予測と最近の実例,” IEICE Technical Report, Volume 110, Issue 262, R2010-27, Pages 15-20, 鹿児島, 2010年10月, (口頭発表・査読なし)
  75. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “truncated モデルを用いた口蹄疫拡大予測とパラメータ推定,” 平成22年度電気関係学会九州支部連合大会, 02-2P-09, Pages 500-501, 九州産業大学, 福岡, 2010年9月, (口頭発表・査読なし)
  76. *月原 ゆき, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “IRT を用いた解析学試験評価と e-learning 支援の試み,” 2010PCカンファレンス, Pages 123-124, 東北大学, 仙台, 2010年8月, (ポスター発表・査読あり)
  77. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “項目反応理論を用いたテスト評価の Web システムの開発,” 2009九州PCカンファレンス, Pages 32-35, 九州工業大学, 福岡, 2009年11月, (口頭発表・査読なし)
  78. *月原 ゆき, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “大学基礎数学への IRT の適用,” 2009九州PCカンファレンス, Pages 28-31, 九州工業大学, 福岡, 2009年11月, (口頭発表・査読なし)
  79. *月原 ゆき, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “IRT による評価を適用した大学基礎数学テストの取組みと e-learning の利用,” 2009PCカンファレンス, Pages 11-12, 愛媛大学, 愛媛, 2009年8月, (口頭発表・査読なし)
  80. *廣瀬 英雄, 作村 建紀, “最適テスト設計のための stress-strength モデル,” 日本行動計量学会 第37回大会, Pages 264-265, 大分大学, 大分, 2009年8月, (口頭発表・査読なし)
  81. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, “上昇法による破壊試験データの評価法,” 日本信頼性学会 第17回春季信頼性シンポジウム報文集, Pages 51-54, 日本科学技術連盟東高円寺ビル, 東京, 2009年6月, (口頭発表・査読なし)
  82. *月原 ゆき, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “IRT を用いた e-learning システム支援,” 平成20年度情報教育研究集会, Pages 573-574, 西日本総合展示場, 福岡, 2008年12月, (口頭発表・査読なし)
  83. *月原 ゆき, 作村 建紀, 廣瀬 英雄, “IRT における項目レベル最適選定法,” 2008年度統計関連学会連合大会, Page 106, 慶応大学, 神奈川, 2008年9月, (口頭発表・査読なし)
  84. *作村 建紀, 月原 ゆき, 廣瀬 英雄, “IRT に昇降法を組み合わせたときの項目レベルの最適選定法,” 日本行動計量学会 第36回大会, Pages 89-90, 成蹊大学, 東京, 2008年9月, (口頭発表・査読なし)

back to top

Conpetitions

  1. *前島光貴・加藤圭将・神谷勇太・小松原翔・北村祐太・坂場賢一郎・曽根圭博・青山拓矢・泉谷聡史・永井利昌・吉田敦・秋元良友・阿部興・作村建紀(中央大学)・小椋透(三重大学)・鎌倉稔成(中央大学), “ベータ二項モデルを用いた打撃の好不調の分析,” 第5回スポーツデータ解析コンペティション(野球自由部門), 成果報告会 – 立教大学, 東京, 2015年12月26日, 統計数理研究所共同研究リポート???, スポーツデータ解析における理論と事例に関する研究集会, Volume ??, Pages ???, 2016年3月,
  2. *岡田裕希・坂場賢一郎・神谷勇太・古川佳裕・新垣魁都・斎藤友紀貴・藤江孝明・秋元良友・阿部興・泉谷聡史・永井利昌・吉田敦・作村建紀(中央大学)小椋透(三重大学)・鎌倉稔成(中央大学), “Dynamic Time Warpingを用いたFC東京のパスデータ解析,” 第5回スポーツデータ解析コンペティション(サッカー自由部門), 成果報告会 – 立教大学, 東京, 2015年12月26日, 統計数理研究所共同研究リポート???, スポーツデータ解析における理論と事例に関する研究集会, Volume ??, Pages ???, 2016年3月,
  3. *露﨑博之, 大草孝介, 秋元良友, 阿部興, 星野良介, 桑原洋祐, 森健人, 泉谷聡史, 宮崎誠也, 吉田敦, 永井利昌, 内田貴仁, 吉田啓悟, 長谷川慧, 作村建紀, 鎌倉稔成, “平成26年度データ解析コンペティション最終発表,” 平成26年度データ解析コンペティション 日本計算機統計学会データ解析スタディグループ(CS-DAS), 統計数理研究所, 東京, 2015年2月21日, 平成26年度データ解析コンペティション 日本計算機統計学会データ解析スタディグループ(CS-DAS)データ2 優秀賞
  4. *中津 貴文, 成澤 宙希, 露崎 博之, 永井 利昌, 宮崎 誠也, 吉田 敦, 星野 良介, 秋元 良友, 作村 建紀 (中央大学), 小椋 透 (三重大学), 鎌倉 稔成 (中央大学), “パスデータを使ったチームの守備の効果分析,” 第4回スポーツデータ解析コンペティション(サッカー自由部門), 成果報告会 – 立教大学, 東京, 2014年12月26日, 統計数理研究所共同研究リポート334, スポーツデータ解析における理論と事例に関する研究集会, Volume 2, Pages 1–8, 2015年3月, 第4回スポーツデータ解析コンペティション サッカー自由部門優秀賞
  5. *宮崎 誠也, 露崎 博之, 永井 利昌, 成澤 宙希, 吉田 敦,  中津 貴文, 星野 良介, 秋元 良友, 作村 建紀 (中央大学),  小椋 透 (三重大学), 鎌倉稔成 (中央大学), “外野手の空間データを用いた戦略分析,” 第4回スポーツデータ解析コンペティション(野球部門), 成果報告会 – 立教大学, 東京, 2014年12月26日, 統計数理研究所共同研究リポート334, スポーツデータ解析における理論と事例に関する研究集会, Volume 2, Pages 9–16, 2015年3月, 第4回スポーツデータ解析コンペティション データスタジアム特別賞

back to top

Others

  1. *作村 建紀, 鎌倉 稔成, “ワイブル分布のパラメータ推測における検定統計量の少標本の振る舞いについて,” 第15回西東京統計研究会予稿集, Pages ??-??, 駐健保会館, 東京, 2016年3月9日, (口頭発表・査読なし)
  2. *作村 建紀, 廣瀬 英雄, 鎌倉 稔成, “項目反応理論を用いた問題配点の決定法について,” 第14回西東京統計研究会予稿集, Pages 90-93, 横浜市立大学 金沢八景キャンパス, 神奈川, 2015年3月17日, (口頭発表・査読なし)
  3. *作村 建紀, “能力評価モデルとその推定手法について,” 第15回統計研究会, 中央大学 後楽園キャンパス, 東京, 2015年3月4日, (口頭発表・査読なし)

back to top

Meeting

  1. 統計数理研究所, 数学協働プログラム, "数理シミュレーション高度化を通じたリチウムイオン電池の高信頼性実現," 統計数理研究所, 2014/11/01 - 2015/02/06, Link

back to top